イシズカケイのめんどくさいオジサン

HIPHOPと漫画とお酒が好きな、中年のブログ。

夏用DJMIX「さまーそるときっく2015」と夏中毒

8月もあれよと言う間に、中盤に入ってきました。 そんな中、少し前なのですが、ここ数年毎年自分が聴くために作っていた夏用DJミックスつくっていた「さまーそるときっく」が今年も内PEEEよりリリースさせていただきました。感謝感謝! イシズカケイ / さま…

変な肉と変なスープ - ささもと(新宿)

あいにくな天候が続いていて、先週末からそれが夏の日々を取り戻すかのような日差しと暑さ。日中、エアコンがガンガンのオフィスで今日こそはビール、しかも外でビールを呑むぞ!と決めて、仕事を早く切り上げ、定時退社のサラリーマンと政権を批判する選挙…

2015年 この半年で面白かった漫画をまとめてみました!

6月最終日、今年も半年が過ぎようとしていますね。 先日、会社の人とこんなこと話していました。 「1年なんてあっという間だね~」「年々、時間の経過が早く感じるね~」 などなど。 その理由として、時間は相対的だから時間が早く感じるということを教えて…

「earth garden ”夏” 2015」でDJさせていただきます!

7月4日(土)〜 5日(日)代々木公園で開催される「earth garden ”夏” 2015 -Festival for Future-」の4日(土)のほうでDJさせていただきます。 <a href="http://www.earth-garden.jp/event/eg-2015-summer/" data-mce-href="http://www.ear…

「うちの妻ってどうでしょう?」が夫婦のコミュニケーションツールだった!

先日、福満しげゆき先生の「うちの妻ってどうでしょう?」の7巻が出て、これが最終巻だった。 うちの妻ってどうでしょう?(7) (アクションコミックス) 作者: 福満しげゆき 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/05/28 メディア: コミック この商品を含むブ…

『THE COCKPIT』を見てつくる過程こそ楽しくなくちゃと思った!

先日、三宅唱監督の『THE COCKPIT』という映画を見ました。いろいろを刺激を受けたので、そのことについて短めに書こうと思う。

懐かしのmyspaceから考える!アップルと都市再開発にはなくなったワクワク感

先日、自分がゆるく運営している音楽レーベルでコンピレーションアルバムを出したので、その打ち上げでレーベルメンバーとアートワークを担当してくれたデザイナーさんと呑んだ。 樹海 sea of trees / Future Disorder × on sunday recordings そのとき、mys…

宮崎駿のデッサン

宮崎駿を描きました。はじめておじさんを描いたのだけど、シワとか白髪とか特徴があって、描きやすい。 ちなみに宮崎駿は、歳をとっても理想を捨てないところが好き。そして、歳をとっても理想と現実のギャップに悩んでいるところが好き。 歳をとっても悩み…

DEV LARGEにまつわる、たいして面白くない思い出話

BUDDHA BRANDのDEV LARGEが、先日お亡くなりになったようです。 <a href="http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150505/Oricon_2052482.html" data-mce-href="http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150505/Oricon_2052482.…

自画像 2015年 初夏

久しぶりにイラスト描きました。 背景はSHIROBAKOの舞台にもなった「松亭」です。また行きたいな。 松亭 (吉祥寺/割烹・小料理)tabelog.com

映画「セッション」を見て、音楽に救われるということを考えてみた。

町山智浩さんと菊地成孔さんのビーフで話題の『セッション』を見てきました。その率直な感想を書こうかと思います。先に結論から申しますと、内容は簡単で誰でも楽しめるタイプの作品なのですが、なかなか考え深くて面白かったです! &a…

福満しげゆきの「中2の男子と第6感」を読んだら変な記憶のフォルダが開いた

「心の中にお友達をつくるタイプの人に捧げる、福満版シックス・センス!!」 という帯にそんなにピーン!と来なかった福満しげゆきの新作「中2の男子と第6感」。 中2の男子と第6感(1) (ヤンマガKCスペシャル) 作者: 福満しげゆき 出版社/メーカー: 講談社 …

手段が目的でもいいじゃん!「SHIROBAKO」最終回での宮森の結論について

先日、最終回を迎えたSHIROBAKO。当日は仕事をうおー!と終わらせて放送開始前から、イオンのTOPVALUを飲みながら高めてました時間がくるのを待ってました。 放送がはじまり、序盤からウルウルきちゃって(はじめは自分に自信がなかった絵麻が、自ら坂木が声…

ファッションの大切さをSHIROBAKOのゴスロリさんから学んだ

前回のエントリー同様SHIROBAKOについてです! <a href="http://mendokusai.hatenablog.com/entry/2015/03/19/094552" data-mce-href="http://mendokusai.hatenablog.com/entry/2015/03/19/094552">SHIROBAKOの世界と現実をつなぐ「お仕事」と「お酒」…

SHIROBAKOの世界と現実をつなぐ「お仕事」と「お酒」

とある高校のアニメ同好会、文化祭に向けて、一本の手作りのアニメを作る。文化祭でのアニメ上映会はうまく行き、そして卒業式のあとアニメ同好会のメンバーで誓う。 「いつか絶対必ず、またこの5人でアニメーション作品を作りま…す!」 画面はぶつ切り気味…

最近、気になる西友のお洒落なBGMとビール

去年の秋ぐらいから、スーパーの「西友」が気になっている。

古レールで駅を造った名もなきデザイナー

先日、東京ポッド許可局の「推薦図書論」を聞いていて、サンキュータツオさんが「古レールの駅デザイン図鑑」という本を紹介していて、JR 代々木駅のホームは、使い古されたレールを再利用して造れているという話が印象的だったので、ググってみたらたしかに…

「風立ちぬ」を見て「人生の賞味期限」について考えていたら「うおー!!!」となった

先日、宮崎駿の「風立ちぬ」がテレビでやっていて、見返した。(正確には、放映時間には間に合わなくて、DVDをレンタルして見た) 一度目見たときは、ぼやーとした印象で、面白はない…けど心には残る作品だと感じていた。そのあとのモヤモヤした気持ちを解消…

「マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編」を読みながら酒飲んだ

先日、会社の本棚でちょっと気になった本を見つけた。昨年、ヒットしたアドラーを使った「嫌われる勇気」だ。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単…

on sunday recordingsから「休日コンピ」リリース

私生活ゴタゴタモード(忙しいぶってるんじゃないよ…泣)からほんのちょっとだけ余裕が…できたので、告知です! 先月なのですが、運営するon sunday recordingsからコンプレーションアルバム「休日コンピ」がリリースされました。キャッチコピーは「来ないで…

酒場での身内の愚痴について - ささや(北千住)

北千住にあるもつ焼き屋「ささや」という店があるのだが、その店が大好きでちょくちょく行く。 もつ焼きとしては、若く穏やかな店主(THA BLUE HERBのILL-BOSSTINOにちょっと似てる?かも)とソウルフルなブラックミュージックがかかる店内は、ちびちびお酒…

ビールを呑みながら今年の目標を掲げる! 東京リカーランド北千住東口店(北千住)

新年、明けましておめでとうございます。今年もめんどくさいオジサンをよろしくお願いします。 最近なのですが、大好きな北千住にやばい酒屋を見つけました。東京リカーランド 北千住東口店とういう店です。とうか昔北千住に住んでましてよく行っていた酒屋…

おおみそかなのでおおみそかっぽいことを書いてみた

2014年も今日一日で終わりです。 この一年の振り返ると、世の中ではもちろんのことですが、いろいろあったのですが、個人としては安定した一年でした。 仕事もそこそここなし、遊びも趣味も充実。レーベルだって仲間のおかげでCDをリリースできました。 また…

サブカルクソ野郎というかサブカルオジサンが選んだ!2014年でおもしろかった漫画 ベスト10

何がサブカルだ!と思ったりしてますよ。自分でサブカルって言うのちょっと…とか思ってますよ。だけどGoogleでキーワードが引っかかっていたり、ほかに良いタイトルが思いつかないので…っていう早速めんどくさい、めんどくさいオジサンは今年もそこそこ漫画…

内PEEEより新DJMIX「WEEKEND街道」をリリースしました!

12月に入りましたね。そんな先日、イケてるミックスを量産している内PEEE様から「さまーそるときっく2015」に続きまして、新しいDJミックスをリリースさせていただきました。 その名も「WEEKEND街道」というタイトルです。 イシズカケイ / WEEKEND街道 by 内…

タクシードライバーという地酒を呑んでたらしんみりしちゃった

先日、タクシードライバーという地酒を呑んだ。 ラベルを見てのとおり、マーティン・スコセッシ監督の映画「タクシードライバー」からきている地酒だ。ロバート・デニーロの顔がプリントされ、昔の映画ポスターのようなラベルデザイン。映画秘法の高橋ヨシキ…

家からもっとも近い居酒屋! 鳥秀(草加)

お酒はね、ずっと前から好きでしたよ。 だけど、最近その好きという気持ちを補完したくて、活字や映像で酒を勉強をしはじめたのが今日この頃。 そこで出会ったのが、太田和彦さんという超渋いおじさま。その人が居酒屋とは何か?その答えがかなりビシビシき…

異国の雰囲気のやきとん屋! やきとん柳下(西巣鴨)

先日、いつもinstagramで風格のある居酒屋画像をアップしている内PEEEのDJ UCHIAGEさんに西巣鴨の居酒屋を案内してもらいました。 集合時間よりも早く西巣鴨についた自分はその周辺ちょっと探索してみた。西巣鴨駅は地下鉄なので、駅の周辺にお店がたくさん…

waniwaveの曲を聴いてノスタルジーに浸り、現実までも受け止めよう!

今年32歳。世代的にはスーパーファミコン世代、もしくは小室ファミリーが大旋風を起こしていた世代、90年代に多感な時期を過ごした世代。 そんな自分が最近、手にするコンテンツは、ノスタルジーな気持ちを喚起させるものが多い。 例えば、押切蓮介の「ハイ…

宮川さとしの「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」を読んで安心して泣きましょう!

本とか映画とかで、物語を楽しむ理由は、自分が未だ体験できていない世界に連れて行ってくれるからというのが、よく言われる理由の一つだったりしますよね。 自分の場合、学園のラブコメや青春系の作品が好きなのは、自分が体験できななかった華やかな学園生…