イシズカケイのめんどくさいオジサン

HIPHOPと漫画とお酒が好きな、中年のブログ。

黒過ぎるおでん - よしく(静岡)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

先日、静岡に行ってきました。

途中、伊豆シャボテン公園に寄って、最近はまっているサボテンや多肉植物やだらだらしている動物を見たり、完成度が高すぎないゆるい雰囲気に和み、楽しすぎない感じが良い!と実感。

f:id:sdmmm:20160621212408j:plain

そして、夜は静岡おでんを求めて、夜の街を少しぶらぶら。
青葉横丁という静岡おでんを出してくれるお店が密集されていた通りがあるということだったので、行ってみるととても良いバイブス。

f:id:sdmmm:20160621212417j:plain

日曜日だったので、半分ぐらいお店が閉まっていて少し閑散としてた。それがまた地方の呑み屋街に来た感じ。思わずニヤニヤしちゃいました。

一軒目の入ったのが、『静岡おでんや おばちゃん』。比較的、新しくできたお店だったようで、チェーン店のような店内で安心して楽しめるお店でした。壁の張り紙に「青葉横丁で初の明瞭会計」と書いてあった、どうやら青葉横丁のお店は値段を提示していないお店が多いようだ。

まず、静岡割りってなんだ?と思って頼んだら緑茶ハイでした。

f:id:sdmmm:20160621212429j:plain

はじめての静岡おでん。魚を削った粉をかけて食べるようです。うまい。

f:id:sdmmm:20160621212457j:plain

店主だと思ったおじいさんが、店主の父親さんだったみたいです。程よい距離感で接客してくれて、リラックスして呑めました。

二軒目は、老舗が良いと一番提灯がボロい店に入ろうと通りを行ったり来たり。ちょうど同じボロい提灯のお店が二軒あったので、暖簾を見て古そうなお店へ。店名は『よしく 』。

店に入ると、乱雑な雰囲気。
「いらっしゃいませ~」というくたびれた店主は、すでに呑んでいるのか、呂律がまわっていない。
普段ならこういう空気感の楽しめるが、今日は妻がいるので、少しやっちゃったのでは…と恐る恐ると瓶ビールを注文。

おでん鍋を覗き込むと、汁が黒い。さっきのお店と全然違う黒さ。
そうしてると店主のおじさんが、スーパーに売っているような発泡スチロールの容器からゴソゴソと何かを出してきて「はい、お通しね」と。アジのお刺身にだった。これが予想に反して新鮮で美味しかった。妻も箸が進んでいて安心。ひとまず緊張がほどけてきた。
そのあと適当におでんを注文。黒くて見た目がなんだかわからないが、多分魚の練り物ような感じだったが味がすごく染みているし、はじっこのほう少し溶けている。大丈夫?っぐらい。大根は芯まで黒い。

f:id:sdmmm:20160621212510j:plain

おでんをつまみながらぼーっテレビを眺める。店主のしょうもないユーモアに笑いながらあいのてを入れる。ビールを飲む。またテレビを眺める。

最高の時間。

会計を頼むと古いそろばんをはじき「○百万円ね(いくらか忘れた…)」と店主。「高いっすね!笑」とお金を払い店を出る。もう一軒はどう?と妻に言ったらお腹いっぱいとのこと。

今度は、お店が開いている週末に青葉横丁を行ってみたいと思いながら、帰路についた。


次の日、朝からおでんが食べられるという『まるしま』というお店があって行ってみたけど、ここも最高でした。

f:id:sdmmm:20160621212532j:plain

f:id:sdmmm:20160621212549j:plain