イシズカケイのめんどくさいオジサン

HIPHOPと漫画とお酒が好きな、中年のブログ。

日本語HIPHOP BEST SONGS 2017

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

先日、地元で唯一HIPHOPの話できる友達が集まった忘年会に参加できず、今年のHIPHOPの総括ができなくて、くーってなっていたのとSNSでヘッズの皆さんが10作品並べる遊びをやっていて自分もやりたくなったので、やります。

とりあえず、日本語ラップの「BEST SONGS」みたいな感じで10曲並べてみました。
基本的には音だけカッコイイものはカッコイイ!と思うんだけど、それ以外によく聴いたら歌詞ですごく良い事を言っているとか、インタビューで信用できそうな人だとか、スタンスが好きでプッシュしたいとか、チョイスにはそんなのも配慮しています。

01.1AM in Asahikawa - C.O.S.A

インタビューを読むたび、地に足がついていて真っ当でガッシリ構えている印象。個人的に歳下ながら上司にしたいラッパーであるC.O.S.A.。
そんな彼らしく女の人に対しての尊敬を歌っている曲が多い「Girl Queen」の1曲目。
こんなに一人で呑みに合う哀愁漂う日本語HIPHOPの曲はなかなかない思う。
この曲のフックはおそらく地元のDJに向けているもので、1stアルバム同様身近の人向けた個人的な曲のはずなのに、この曲好きだ!って声をよく聞きます。プライベートな内容ながら広く届けられるのは普遍的なメッセージを高度に語れているからだと思う。名曲です。

www.youtube.com

Girl Queen

Girl Queen

 

 

02. Happy Meal - Punpee

説明不要、今年出たクラシック「MODERN TIMES」の2曲目。
ワクワクしながらはじめてアルバムを聴く時、「低音がなくて変な曲だな」と思って配線いじっていたらコードの接触が悪かったらしくいきなり低音がボーン!と出て、この曲の素晴らしさにぶったまげました。
数多いトラップ調のビートながら聴いたことがない変わった質感、よく聴くと生きづらい現在をもっと気軽にやろうや、というPunpeeの歌詞、シリアスなメッセージとポップな言葉が交互に出て来る感じ、全体的に突き抜けるイメージ、本当に素晴らしい。
またこのトラックを作ったDJ MAYAKUは、田中面のコンピに入っているYENTOWNのトラックもすごく良いし、これから注目です。

MODERN TIMES

MODERN TIMES

 

 

03.SHOPPINGMALL - tofubeats

「ショッピングモール」というキーワードから最終的にはとても大きくて大切なことを歌っている曲。
1小節ずつ一見関係のないメッセージがよくよく考えると近いものなのかなと思える。とにかく全てが耳に残るパンチラインとなってます。最高。
「FANTASY CLUB」は、内省的で彼のアルバムでは最も良いアルバムだと思う。

 

www.youtube.com

FANTASY CLUB

FANTASY CLUB

 

 

04.i Believe - HANG × 唾奇

やっぱ唾奇はカッコいい。ラップが音としてカッコいいし、言葉のチョイスもうまいから耳に残る。ついつい口ずさみたくなる。また売れることを意識的で良い。
Sweet Williamのトラックも基本ブーンバップ調でありながら、耳障りはものすごくソリッド。
そして二人の作品のなかでは、この曲が好きかな。
HANGのヤサグれてるのに憎めない感じのラップも好きです。

 

www.youtube.com

05. CITY 2 CITY feat. KOITAMA - chop the onion

映画「サウダーヂ」のような世界感。どこか寂しい郊外がリリックで描かれていて、ものすごく同感する。KOITMAさんはリリシストだと思う。
chop the onionさんのトラックも間違いないです。

 

FONDUE

FONDUE

  • chop the onion
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥900
FONDUE

FONDUE

 

 

06.Always There - ROCKASEN

30代男の葛藤とか傍観とか語られている成熟した曲。
平日の朝、子供を送って仕事行くことを歌詞にしているところがあり、それなのに全然所帯染みなく洗練された曲になっているので、すごい。BUSHMINDのROCKASEN入りは大正解!

rockasen.bandcamp.com

07.little life ft. Kan Sano & jjj - TOSHIKI HAYASHI (%C)

90年代を思わせるエレピ使いのトラックでjjjのラップもキレている。これぞストリートでなくシティのHIPHOP。カッコいい。
関連作品では今年出たCBSのアムバムの良かった。

www.youtube.com

 

THREE

THREE

 

 

08.県央厚木IC feat. だるま aka ₩ . ¥ - SALU

正直、SALUの曲であまり好みなものは今までなかったけど、この曲がすごく好き。
アンニョイなトラックに、だるま aka ₩ . ¥の滑稽だけどまだまだおじさん負けないよ的なラップに、最後はSALUがバシッと締める。客演がものすごくうまくいってる例。

 

www.youtube.com

09.ブルーハワイ - SUSHIBOYS

楽曲はもちろんながら、売り方やPRの仕方、ファッションなど全てに新しさを感じるグループ。そしてとにかくラップが早くてうまい。
ローカルでもカッコよくやれるひとつの最新形態かと。

 

www.youtube.com

 

NIGIRI

NIGIRI

 

 

10.ソノサキハ featuring MACKA-CHIN - BIG-RE-MAN

くだらないなことを言っているようで、芯にはまともなメッセージがある。コメディなのに最終的は感動させられる映画のような印象。
カッコつけないがカッコいい!?みたいなスタンスの境地で素晴らしいユニットです。

 

www.youtube.com

 

世界平和

世界平和

 

 

今年はこんな感じです。