イシズカケイのめんどくさいオジサン

HIPHOPと漫画とお酒が好きな、中年のブログ。

札幌 てんこ盛りの3泊4日

10月の連休を使って3泊4日というスケジュールで北海道へ遊びに行ってまいりました。

今年の夏はいろいろあってパーっと遊びに行ける感じではなかったので、妻にお願い頼む!をしてなんとか。感謝です!

当日、余裕を持って羽田空港に行って一杯。いつも思うが出発前に呑む希望の一杯こそが、旅行の醍醐味。このために旅行に行ってるのかも。

f:id:sdmmm:20171007120632j:plain

今回の旅行のおともは、奥田英郎の『野球の国』。読み始めたら作品の羽田空港からエッセイはスタートする。幸先が良い予感。

 

野球の国 (光文社文庫)

野球の国 (光文社文庫)

 

1時間強のフライトで北海道へ。飛行機は自分の体が雲の上にいるという感覚がどうしても馴染めなくて苦手なのだが、 実際には早くて便利。墜落事故がなくなれば最高なのだが。

空港につき札幌駅へ。

f:id:sdmmm:20171007161525j:plain

そそくさと今夜の宿のビジネスホテルへ向かう。

思っていたよりもデコデコしいというか、原宿にあるパンケーキ屋さんみたいなロビー。自分には合わないが、明るくて清潔感があって悪くなかったです。

f:id:sdmmm:20171010081806j:plain

ホテルの前の川には錦鯉が泳いでいた。水もキレイ。都会なのに不思議だった。東京もがんばればこんな感じなるのだろうか。

友達が到着するまでススキノあたりを散策。人が多い。看板がバカバカしくなるほどでかくて光ってる。気分が高揚した。

f:id:sdmmm:20171007182031j:plain

友達と合流して一軒目のお刺身居酒屋瑠玖という居酒屋へ。

f:id:sdmmm:20171007182844j:plain

www.hotpepper.jp

入ると同じぐらいの歳のお兄さんに席を詰めてもらってカウンターへ座る。ありがとうございます。店内はほぼ満席、物がほどよく散乱していて落ち着く。

お通しは、セルサービス。サラダと簡単なつまみを自分でよそる。あら汁は無料でお代わりし放題。ありがたい。

ビールで久しぶりにじっくり遊ぶ友達と乾杯。グビ、うまい。

適当にお刺身の三点盛りを注文。まぐろの切り身がでかい。手の甲ぐらいある。どれどれと食べてみる。美味しいです。

f:id:sdmmm:20171007191950j:plain

さっくり済まして二軒目へ。繁華街のビルを階段を地下へ降りていって、一路というお店です。

retty.me

お酒を注文。お通しに鮭の白子が出てくる。はじめて食べる。しっかり茹でいて生臭さがなくてうまい。女将さんが気合いが入ってそうな方でカッコ良かった。

三軒目はあんぽんという炉端焼き屋に行きました。

f:id:sdmmm:20171007205942j:plain

retty.me

店内に入ると、北の農民の小屋のような内装、わらじが飾ってあり、真ん中には囲炉裏がある。そして客は自分たちのみ。スナックのママのような店主。少しビビった。

水槽に入っている牡蠣を注文。焼いてる間に日本酒を注文。ぐいぐい行くと緊張がとけてきた。

f:id:sdmmm:20171007210846j:plain

牡蠣を食べる。うまい。明らかに活きが良い味だ。

気分を良くして日本酒をまたガブガブ飲みはじめる。ガラスケースに入っている金目が気になる。時価ですが、えいや!と注文。これがうまい。

こんぶ焼酎ってのものを注文。はじめから塩っけがある。これだけでずっと呑めそう。そのあともにしんのぬか漬けやなんかの外綿。どれで強い味でした。

酔ってきました。店名の由来たママの身の上話を聞きながら、火を見つめる。贅沢してる感じです。

お会計をしたところ、20000円越え。高い、まぁしょうがないと…。

 

そのあと適当な居酒屋へ。飲み放題が安すぎる。

f:id:sdmmm:20171007164713j:plain

適当に飲み、プレシャスホールへ。老舗のクラブでずっと行きたかった場所。しかもフランソワKが回してるとかで気分はハイに…なりすぎたのかここから記憶は曖昧。気づいたら朝でした。友達に起こされクラブから出る。ここで多分サンプリングラヴの帽子を失くす。切ない。

 

2日目、起きたらもうダメでした。チェックアウトギリギリまで、体調を整える。外に出ても全然ダメで、中島公園の芝生で寝る。子供が「ねえ、おじさんが寝てるよ」と言われる。はい。訳があって寝てます。

少し体調が良くなったので、次のホテルへ向かう。ホテルの裏が何かしらの宗教団体に貸してるらしく、不気味でした。ロビーも昨日のホテルと比べると暗い感じ。チェックインを済ませて部屋に入ってみる。思ったよりも普通でした。良かった。

 

夕方前に友達に謝罪となんとか外に出れると連絡を入れて合流。ジンギスカンの老舗だるまに入る。店内は煙と獣臭に充ちている。壁はどこもベタベタでした。

best.miru-kuru.com

ジンギスカンを注文すると、素早い動きでおばさん達が作業。はいースミ!はいー鍋!はいー玉ねぎ!はいー肉!カッコいい!活気があふれてて気分が上がってきた。

f:id:sdmmm:20171008173616j:plain

でもまだダメージがあるのでウーロン茶にしときました。友達はビール。付き合えなくてごめんね。

横にお姉さんが、つけ麺みたいに肉のタレにお茶を入れてて、真似てみる。うまいかわからないけど、こういうのは楽しいと思った。

店を出たあと、狸小路商店街をぶらつく。レコード屋を見つけて入ってみる。高いのは高いが安いのはすごーく安い。

f:id:sdmmm:20171007183022j:plain

八神純子山下達郎を東京の価格の5/1ぐらいの価格で購入しました。うれしいな。

その後、友達を札幌駅まで送り(友達は1泊2日)、また呑もうと誓う。というか忙しいスケジュールの中、時間作ってくれてありがとう。感謝です。

ホテルに帰りがてら街を散策。かっこいいネオン管を見つける。

f:id:sdmmm:20171008235203j:plain

 

24時間やっているサンドイッチ屋なんてのも見つけて入ってみる。

f:id:sdmmm:20171008234129j:plain

明るい店内にサンドイッチの羅列。奥には必死にサンドイッチを量産する店員さん。気分が上がりサンドイッチを2つ購入してホテルに帰る。深夜になると小腹が空いたのでスープカレー屋へ。味は普通でした。提供時間が遅くて少し残念。

 

3日目、まずは昨日買ったサンドイッチを食べる。

f:id:sdmmm:20171009083414j:plain

うまい。手作りの味だ。コンビニとのはひとあじ違う感じがする。

そのあと円山公園に向かう。広くて気持ちが良いです。リスなんかもいてニコニコしてしまった。公園内の神社に行きお参りする。家族の健康のことなどお願いさせていただく。これまた定番過ぎるお願いで気持ちがいい。

昨日見回れなかった袋小路商店街に行く。札幌のソウルフードらしいみよしので入る。狭く歪な席に座り、カレーに餃子がのっている歪な食べ物を注文しました。

f:id:sdmmm:20171009122343j:plain

ぎょうざとカレーなら「みよしの」

これはアリとうか昨日食べたスープカレーよりもうまい。というか好み。振りかぶってない感じが庶民的でいいです。

嬉しい気持ちで店の外に出る。GEOを見つけたので、最近話題のアレがないか入ってみる。

f:id:sdmmm:20171009131243j:plain

あった。札幌マジックです。

そのあと「水曜どうでしょう」のあの公園へ向かう。

f:id:sdmmm:20171009142658j:plain

ここだここという印象。ほかにも「どうでしょう」が好きそうなカップルや夫婦みたいな人がいて、「あのときミスターが」なんて会話が聞こえてきて、微笑ましく香ばしい気持ちになりました。

疲れたのでどこにでもあるようなマッサージ店へ入る。身長170後半、腕が太くい初老のおじさんにマッサージをしてもらう。強かったので、ちょっと力を弱めてもらった。気持ちがいい。60分しっかりやってもらって3000円。多分安い。満足です!

その後、ホテルで酒飲みつつ、今回の旅行のお目当て、PUNPEEのリリースツアーに気分を高める。 

MODERN TIMES

MODERN TIMES

 

 向かうとライブハウスには長い列。人気がうかがえる。

ライブは本当に最高でした。踊りながら、うおー!いえー!とか10回以上を叫んでしまった。その他感想は下記の通り。

 

 程よい高揚感のまま、寿司屋に突入しました。店の名前は忘れました。

とりあえず盛り合わせを頼もうと…この前ラジオで盛り合わせは最も高い物を注文すると結果的にお得なんて情報を仕入れたので、もっとも高いのと…4600円か。それならギリギリかなと注文。

f:id:sdmmm:20171009214902j:plain

うまい。スーパーでよく買う500円の盛り合わせと違う。というかネタが豪華だ。

店主も「どこから来たの?」とか話しかけてくれて嬉しい。友達が帰ってからちょっと人寂しかったから。いろいろオマケもしてくれて、タコの卵?あれは珍味で美味でした。満足満足とニコニコでホテルに帰る。

 

4日目、最後に絶対行きたかったモレエ沼公園へ電車とバスを乗り継いで向かう。

f:id:sdmmm:20171010094530j:plain

f:id:sdmmm:20171010100511j:plain

f:id:sdmmm:20171010104316j:plain

広くて雄大、でかいオブジェがカッコいい、山の上から景色も最高。

ミニマルな景色の中、地元の犬の散歩してるおじさんなんかもいて、ちょっとシュールな感じ。良い公園だ。

イサムノグチさんの功績は詳しく知らないけど、こんな良い公園を作れるのだから最高なデザイナーのはずだ。

そんな気持ちで空港へ向かう。空港内で今回の旅行で食べていなかった札幌らーめんを食べる。麺がほぐれていなかったけどお構いなし、味はうまい。

f:id:sdmmm:20171010131514j:plain

満足して帰路につきました。 

 

大人はこんな感じだったのか

ども。子供が生まれまして、約2ヶ月経ちました。

子供に対しては、まぁかわいいのでは!とか、自分は自意識過剰な方なので良い歳になって自分のことしか考えていないおじさんは滑稽過ぎるから子供は欲しい!とか雑な感情を抱いていました。

f:id:sdmmm:20170730204100j:plain 

先日、妻に「子供生まれてどう?」と質問をされて「大変!大変だけど、かわいい。かわいいからやっていける」なんて答えました。

今日は午前中にはジョギング行って、午後はコーヒー飲みながら曲でもつくるかとか思っていると、子供はいきなり熱が出たり、意味もわからず泣き出したりする。

こちらの都合をまったく考えてくれない存在により、自分のやりたいことやここまでにアレやるという計画が崩壊。思っていたよりも振り回してきます。これも子供あやしながら書いてる。

 

先日二人の子供を持つ父親としては先輩の音楽仲間が「やりたい思わないようにしている。できなくてストレスになるから」と言っていて、なるほど…と。

 

大人はこんな感覚だったのかと、30代半ばになってようやく気づきました。

 

そんな日々を過ごすなか、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」という映画を見て感動。今の自分の肩をポンポンとしてくれる映画でした。

  

 

てことで育児がんばろう!と言いつつ、たまにはというか月一ぐらいには呑みに行っちゃおうと思ってる感じです!笑 

銚子の昔ながらの漁港と大衆酒場

ゴールデンウィークに銚子に遊びに行ってきた。

きっかけは、ローカル線に対して、緑に囲まれ、地元の老人が何かつまみながらおしゃべりしてて、列車の速度が遅くて、なんとなくボーッと旅ができるみたいなステレオタイプのイメージを持っていて、ローカル線があって家からそんなに遠くない銚子をチョイスした。

また、ちょっとしたファンである菊池成孔の生まれ故郷。現在はもうないらしいんだけど、菊池成孔の実家は居酒屋だったらしく、その実家の居酒屋で起こった出来事をたまにラジオで語れていて、その場末な雰囲気がとても印象的だった。

なんとなくそんな雰囲気の居酒屋で、酒を飲めたらとも思い、下調べもそんななにせずに出発。

 f:id:sdmmm:20170503123554j:plain

3時間ぐらい電車に揺られ、銚子着。

 

f:id:sdmmm:20170503124027j:plain

駅前に気になる店が。若いカップルが入ろうとして中を見たら躊躇してました。

 

f:id:sdmmm:20170503125514j:plain

銚子鉄道に乗り換え。

 

f:id:sdmmm:20170503125524j:plain

なかなかいい女。

 

f:id:sdmmm:20170503181528j:plain

 

f:id:sdmmm:20170503132037j:plain

こんな風景が続きます。

 

f:id:sdmmm:20170503133523j:plain

あとで気づいたのだが「惡の華」の舞台になったとか。

 

f:id:sdmmm:20170503133440j:plain

 

f:id:sdmmm:20170503133947j:plain

 

f:id:sdmmm:20170503134756j:plain

 

f:id:sdmmm:20170503142013j:plain

海には、気持ち悪いけどカッコイイものがあふれてる。

 

f:id:sdmmm:20170503145721j:plain

 

f:id:sdmmm:20170503152857j:plain

犬吠埼のお土産やさんで腹ごしらえ。

 

f:id:sdmmm:20170503160904j:plain

バブルの残り香。

 

f:id:sdmmm:20170503160938j:plain

奥に行くと駐車場になっていた。

 

f:id:sdmmm:20170503184328j:plain

おじさん一人で泊まるホテルとしては、夢があふれていた。

 

f:id:sdmmm:20170503204203j:plain

夜になり、街をブラブラしてみた。8時半ぐらいでほとんど人通りがない。ネットで調べて気になっていた『大海』発見。

 

f:id:sdmmm:20170503204953j:plain

せっかくなので、松竹梅の松の盛り合わせを注文。うまい。

 

f:id:sdmmm:20170503215357j:plain

メヒカリの揚げ物。これもうまい。

 

f:id:sdmmm:20170503221420j:plain

締め。おかみさんが「人通り少なかったでしょ。銚子はどんどん人が減ってるの」とのこと。少し寂しい気持ちになった。とりあえず地元民が集まる良い店でした。

 

f:id:sdmmm:20170503225625j:plain

夜の漁船カッコいい。

 

f:id:sdmmm:20170504092649j:plain

二日目は徒歩は銚子をまわってみた。ん?犬?

 

f:id:sdmmm:20170504094035j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504084513j:plain

いたるところにお化けみたいなアロエがある。

 

f:id:sdmmm:20170504085202j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504092042j:plain

いかにも田舎な神社。

 

f:id:sdmmm:20170504095051j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504113749j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504113526j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504113309j:plain

わりかし最近のだと思う。

 

f:id:sdmmm:20170504100749j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504101449j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504110647j:plain

昔ながらの漁港を眺めてシュークリームを食べました。

 

f:id:sdmmm:20170504105953j:plain

バイブス溢れる『犬若食堂』。

 

f:id:sdmmm:20170504101949j:plain

 キンキンでした。

 

f:id:sdmmm:20170504102449j:plain

イカうまい。

 

f:id:sdmmm:20170504102544j:plain

これで一人前のかき揚げ。

 

f:id:sdmmm:20170504101911j:plain

押見修介のサインがあった。仲村さんの実家の舞台が銚子だったようです。

 

f:id:sdmmm:20170504120654j:plain

 

f:id:sdmmm:20170504120704j:plain

 つくしさんに乗って帰りました。

 

銚子は多分、バブルのころに観光地化を頑張ってけどあまりうまくいかなくて、程良く寂れているようで、それが魅力的な街でした。自分的はこの程良くってところが大事なのかなと。

また、千葉なのに離島に遊びに行った感覚になった。

得した気分で帰路に向かいました。

 

旅中読んだ『ゴールデンゴールド』と『清原和博への告白』の両方が最高でした。

 

 

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 (Sports Graphic Number Books)