イシズカケイのめんどくさいオジサン

HIPHOPと漫画とお酒が好きな、中年のブログ。

『X-T10』を持って上野に出かけた

花粉症の症状も収まりやっと思い存分、春を満喫できる。

同じく花粉症の妻と最近やっと歩けるようになった息子と、カメラを持って上野に出かけた。とても天気が良くて、上野公園にいる人達も浮き足立っているようだった。

上野にはじめて来たのは中学生ごろで、その頃はテレホンカードの穴に特殊なテープを貼った物を売っている外国人がいて、アメ横のごちゃごちゃしている感じも、中学生に自分にとっては少しばかり怖かった。

また、二十歳を過ぎたこと、友人とCISCOというレコード屋に行った帰りにチンピラにカツアゲに合い、500円しか持っていない自分は、顔を蹴られた。理不尽だった。その後、1万か2万ぐらい取られた友人がかわいそうだから、取られた金額を割り勘しようという話になった。今思えばこれまた理不尽。

そんなことを思い出しながら上野をブラブラした。


Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 

『X-T10』にやっと慣れたきた。後、最近買った標準ズームレンズ『XC16-50mmF3.5-5.6』もなかなか調子が良いです。

 

  

 

飯能にあるcazuキャンプ場に行って来ました!

3月の下旬、飯能にあるcazuキャンプ場に行って来ました。

多分、5年ぐらいぶりのキャンプでしたが、今年入ってぐらいから集めたキャンプグッズがフル活用できたので、快適なキャンプでした。

 

f:id:sdmmm:20190322172145j:plain

自分たちの区画には、一本の梅の木。なかなか乙な感じでした。

 

f:id:sdmmm:20190322165205j:plain

f:id:sdmmm:20190322165229j:plain

川の水が思っていたよりもクリアでした。

 

f:id:sdmmm:20190322172117j:plain

キャンプ場から見えるお山がなかなかよかった。よく見ると墓場もある。

 

f:id:sdmmm:20190322190014j:plain

各自がお酒も食べ物を持ち寄るスタイル。気になったものはそれちょーだいと共有。気を使わない自分的には理想的なキャンプでした。

 

f:id:sdmmm:20190322201317j:plain

cazuキャンプ場は、薪が使い放題。焚き火を囲んで、ワードウルフという人狼を簡単にしたゲームをしました。酔っ払ってやると面白い。

酒が周り眠くなった人から就寝。自分も12時過ぎぐらいから寝ました。

朝になり、焚き火をしながら少しゆっくりして撤収。

 

f:id:sdmmm:20190323143153j:plain

地元民から教えてもらったレストランHAMA。美味しかった。

 

f:id:sdmmm:20190323170331j:plain

久しぶりにそれなりに長距離運転(自分、運転嫌いなんです)でしたが、TBSラジオを聴きながらかなりご機嫌でした。車内が狭くて足首が痛む問題も、サポーターで解決。

 

 

キャンプ中なんども、最高!となったので、早く次のキャンプに行きたい。

今後はどのキャンプ場に行こうかなと。

 

www.cazu.jp

www.ha-ma.net

富士フィルムの『X-T10』を買いました

RX100が物足りなくなってきて、ミラーレス一眼カメラを買いました。

富士フィルムの『X-T10』でレンズは『XF 23mm F2 R WR』という単焦点広角レンズです。RX100の前は、『XQ2』というコンデジを使っていたのですが(酔っ払って健康ランドに忘れました)、色が暖かい感じが好きだったのでこれはやっぱ富士フィルム、もしくはカメラ界のセガと言われてるとかPENTAXあたりで目星つけて、秋葉原の中古カメラ屋をウロウロし、これをチョイス。秋葉原でカメラを買うという体験も面白かった。

 

f:id:sdmmm:20190223225725j:plain

 

購入した次の日、オートモードから卒業をしようと、早朝近所で散歩がてら撮影の練習。地元のゲットー感というか退廃感を再認識。ちょうど今再開発手前とかなんとかで閉店した店舗や空き地があったり、寂しい雰囲気です。逆に今しかない風景かもしれない。

 

f:id:sdmmm:20190224062250j:plain

f:id:sdmmm:20190224063120j:plain

f:id:sdmmm:20190224063226j:plain

f:id:sdmmm:20190224063807j:plain

f:id:sdmmm:20190224064418j:plain

f:id:sdmmm:20190224065452j:plain

f:id:sdmmm:20190224071242j:plain

f:id:sdmmm:20190224071759j:plain

f:id:sdmmm:20190224072358j:plain

f:id:sdmmm:20190224072957j:plain

f:id:sdmmm:20190224073132j:plain

今後撮りたい写真は、岸政彦の『断片的なものの社会学』の表紙のようなちょっと寂しい写真だったり、韓国ノワール映画のような暗い雰囲気の写真。あと山の写真とかも撮りたいなと。ああそれとうまそうな食べ物の写真も、可愛い息子も…という感じで楽しい想像が広がります。